本文へスキップ
笑顔あふれる大草
 〜自信わくわく・安心にこにこ・協力わいわい〜

諫早市立大草小学校

授業・行事の様子
【NEW】10/13(水)「4年生ショート・ショート」

 今日は4年生が国語の時間に、
 「ショート・ショート」という短い物語を書いていました。

 この「ショート・ショート」とは、
 今はもうお亡くなりになられた
 作家の星新一さんが開拓されたたジャンルで、
 3ページ〜5ページくらいの超短編SF小説のことです。
 実は、私が小学校5年生の時、
 星新一さんが書かれた『ボッコちゃん』という
 ショート・ショートが集録されている短編集に出会い、
 読書に「ドはまり」してしまいました。
 何度繰り返し読んだことか・・・。おすすめですよ(笑)

 さて、話が逸れてしまいましたが、 
 この時間、子どもたちは
 ショート・ショートを書くためのアイデアを、
 ワークシートにまとめていました。
 ちょっと覗いてみると、
 ・僕が座っていた椅子が急に動き出し、そして暴れ出した。 
  そこで僕は・・・というお話、
 ・キツネが白い鈴を拾ったら羽が生え、次に青い鈴を拾うと尾  びれが生えてきて・・・というお話
 等、とても興味深いストーリーの構想が練られていました。

 実に面白そうなので、
 完成したら、学校だよりでご紹介しますね。



10//12(火)「3・4年生社会科見学」

 今日は3・4年生の社会科見学です。
 「今日はお弁当忘れてませんよ!」と笑顔で話すなど、
 ワクワクが溢れている3・4年生の子どもたちです。

 出発時には、他学年の子どもたちが、
 玄関まで出てきてのお見送り・・・。

 その後3・4年生はバスの乗降場である支所に移動しましたが、
 見えなくなるまで、手を振って見送っていました。

 バスに乗って、元気よく出発した3・4年生・・・。
 さて、どんな顔で帰ってくるのでしょうか?

 「見学のしおり」のメモ欄が真っ黒になるほど、
 「聞いて」「書いて」「学ぶ」1日にしてほしいと思います。


10/11(月)「3年生国語『インタビューをしよう』」

 明日12日(火)は、3・4年生の社会科見学です。
 見学先は諫早市内で、「県南・県央クリーンセンター」や
 「浄水管理センター」そして「干拓の里」を回ります。
 見学では、話を聞いて知識を得るだけでなく、
 自ら積極的に質問して学ぶことが大切です。

 本日の4校時、3年生の国語では、
 社会科見学と関連づけながら、
 「インタビューの仕方」について学んでいました。
 インタビューの準備や進め方について教科書で学習した後は、
 実際に2人組になっての練習でした。
 ・丁寧な言葉遣い
 ・大きな声
 ・礼儀正しさ
 等を視点として、互いに評価し合いました。
 まだ声の大きさが足りないという反省がありましたが、
 丁寧な言葉で、一生懸命練習していました。

 明日の社会科見学では、
 今日の学習を生かして積極的にインタビューし、
 自ら進んで学ぶ社会科見学にして欲しいと願っています。
 
 




10//7(木)「5・6年生 研究授業(算数)」

 本日2校時、5・6年生で算数の研究授業がありました。
 子どもたちは、
 「課題・めあての確認」〜「自力解決」〜「話合い」
 といった流れを、「ガイド役」の児童を中心に、
 自分たちで学習を進めていきました。





 先生の出番は、
 ・子どもたちの活動が停滞したとき
 ・学習で「ここは押さえたい」というポイント
 ・学習の「まとめ」と「確認」
 等、最小限に限られました。

 今、学校では、このような
 「子どもたちが主体的に進める授業」(=『ガイド学習』)
 に取り組んでいます。
 今日の研究授業は、子どもたちの「主体性」が随所に見られ、
 その頑張りには、先生方からも賞賛の声があがっていました。
 5・6年生のみなさん、松下先生、お疲れ様でした!!




10/6(水)「表彰&アンガーマネジメント振り返り」

 本日はブクブクタイムの日でしたが、
 その前に、読書感想文の表彰と、
 アンガーマネジメント教室の振り返りをしました。

 読書感想文は本校代表で出品し諫早市の佳作となった、
 6年生のM・Aさん、
 4年生のI・Mさん、
 1年生のK・Hくんの3人です。
 3名の皆さん、おめでとうございます。

 アンガーマネジメント教室の振り返りは、
 養護教諭の渋谷先生が、
 手作りの掲示物を使って、
 分かりやすく振り返りをしました。
 振り返ってみると、
 アンガーマネジメント教室で学んだことを、
 既に実践している子もいました。
 すばらしい!!
 やりっ放しではなく、こうして定期的に振り返ることで、
 子どもたちの意識も継続していくことでしょう。




10/5(火)「伊木力小との小体連合同練習」

 昨日10/4(月)14:00〜16:00頃まで、
 6年生の4人(と担任の松下先生)が、
 伊木力小学校との小体連合同練習に行ってきました。
 伊木力小までは徒歩〜JR~徒歩での約1時間・・・。
 「大草駅から伊木力小までが
  こんなに遠いとは思いませんでした・・・。」と、
 移動には少々疲れた様子の6年生でしたが、
 JRでのミニ遠足を楽しんだ様子でした。


 合同練習では、伊木力小の5・6年生との交流に、
 多少の緊張は見られましたが、
 しっかりと聞き、テキパキと動き、
 最後までしっかりと走り抜けるいつもの姿がありました。

 最後は100M走練習でしたが、
 大草小の運動場では直線の100Mは取れませんので、
 これも貴重な体験となりました。

 いつもとは違う環境に刺激を受けながら、
 小体連への意欲を更に高めた6年生でした。
 
 また、昔からの知り合いと談笑する姿も見られ、
 中学校に向けての交流という意味でも、
 とても意義深い時間となりました。

 次回の合同練習会は、18日(月)です。
 
 



9/30(木)「アンガーマネジメント教室」

 昨日29日(水)6時間目、
 「アンガーマネジメント教室」を行いました。

 『アンガーマネジメント』とは、
 「怒りや苛立ち等の感情を適切にコントロールすること」で、
 今回は、講師に『アンガーマネジメントチーフインストラクタ
 ー・キッズインストラクター』の江川美貴子先生をお招きし、
 3〜6年生が「アンガーマネジメント」について学びました。

 教室では、『怒るって悪いこと?』をテーマに、
 「怒りの感情とは?」や「怒るときのルール」など、
 『怒りのメカニズムや対処法』等について、
 わかりやすくお話しいただきました。
 更に、子どもたちは「ワークブック」を使いながら、
 「自分がどんなことで怒ったか?」
 「その背景にある、本当の気持ち」など
 自分と向き合いながら、学習を進めました。
 そして最後は、
 一人一人が怒りを抑える『魔法の言葉』を考えることを通して、
 自分なりの対処方法について思考しました。

 また、この教室には、保護者の方も4名参加され、
 我が子への接し方等について、学びを深められました。

 子どもたちにとっても、私たち大人にとっても、
 自分の行動を見つめ直す、有意義な時間となったようです。



9/28(火)「自学タイム」

 本日の「大草タイム」は、
 久しぶりの「自学タイム」でした。

 自学タイムの時間、
 大型扇風機の音だけが聞こえる、
 シーンとしたランチルームで、
 子どもたちは、各々の課題に取り組みました。。

 子どもたちが取り組んでいる内容は、
 国語、算数、理科、社会、外国語と様々・・・。
 何人かに話を聞くと、
 「苦手なこと」や「授業で分からなかったこと」など、
 『課題の克服』に取り組む子が多いようです。

 昨日決定した『宝の階段』の目標の一つに、
 「自分たちだけで(指示がなくても)、
  1時間の学習を進めることができる。」
 というものがあります。
 この「自学」は、正にその基礎となる力です。

 「自分で考え、進んで取り組もうとする姿勢」が
 習慣付くよう、取組を続けていきます。



9月27日(月)「全校会議を開きました」

 本日5校時に、大草小児童・職員全員が集まって
 「全校会議」を開きました。

 議題は、9/1の学校だより42号でも少し紹介していました、
 大草小学校の新たな取組である、
 「宝の階段」についての話合いです。 
 ※今日の「学校だより」や「おはよう黒板」
 でもお伝えしています。よろしければご覧ください。

 会議の内容は、
 1 「宝の階段」とは?
 2 「宝の階段」に取り組む理由や目的
 3 「目標」(取り組む順番)の決定 の3つでした。

 子どもたちは、自分たちの具体的な目標について、
 真剣に考え、意思表示をしました。
 そして、話し合うこと45分。
 「宝の階段」で取り組む内容・順番が決定しました。

 「宝の階段」の詳しい内容については、
 水曜日の学校だよりにて、詳しくお伝えします。
 実施は来週からです。
 ご家庭でも、話題にしていただれば幸いです。





9月22日(水)「タブレット活用しています」

 本日6校時、5・6年生の教室では、
 『宝の階段』についての話合いが行われていました。

 この「宝の階段」とは、
 大草小全校で行う新しい取組で、
 大草小が更に素敵な学校になるために、
 一つ一つ階段を登るように行動目標を達成していき、
 みんなで大草小の「宝」を増やしていこうというものです。
 正式には、来週の子ども会議で提案し、
 子どもたちと一緒に目標を決めていきます。
 今日は5・6年生が、その動機付けの意味も込め、
 どんな目標が良いのか自分たちで考えていたのです。
 来週の子ども会議が楽しみです。

 さて、その話合いでは、
 子どもたちの意見を集約するために、
 タブレットが活用されていました。
 既に何度も使っている子どもたちは、
 慣れた手つきでタブレットを操作し、
 次々に意見を出していました。
 
 新しい知識をどんどん吸収し、
 機器を活用していく子どもたち・・・。
 その柔軟な頭と吸収力には驚かされるばかりです。


 
9月21日(火)「5年生 外国語の授業」

 19日(日)の運動会は本当にお世話になりました。
 子どもたちの良さが発揮できた運動会となったのも、
 皆様のご理解・ご協力のおかげです。
 本当に有り難うございました。。
 運動会については、本日の「おはよう黒板」と、
 明日発行予定の「学校だより」をご参照ください。

 さて、今日は運動会が終わり、
 各クラスには普段の授業風景が戻ってきました。
 3時間目、5年生教室では、外国語の授業が行われていました。
 ビニール袋の中に「品物」を一つ入れ、
 それは何かを、手触りで当てるゲームの最中でした。
 答は、できれば英語で答えます。
 また、分からないときには、
 他の人たちから(できれば英語で)ヒントが出されます。
 
 「校長先生もどうぞ!」とのお誘いを受け、
 私もゲームに参加させてもらいました。
 ビニール袋の中を触ってビックリ…。
 それは紛れもない「人の頭」の感触でした。
 周りの子どもたちからヒント(「ピクチャーが上手」等の)
 をもらいながら、
 それが「蒼空くんの頭」だと正解を出せました。
 
 決まったワードやセンテンスの反復練習だけではなく、
 これまでの経験や知識を上手に活用しながら学ぶ学習は、
 楽しみながら、生きた英語を獲得する、
 とても良い方法だと感じました。

 
 
9月16日(木)「予行練習の反省を受けて(2)」

 今日は、さわやかな青空のもと、
 運動会の練習の総仕上げをしました。
 練習は、白組白石団長からの、
 「『静と動』に気をつけ、引き締まった練習にしよう」
 赤組蜥c長からの、
 「『ダラダラしない行動』を意識して真剣に取り組もう」
 という呼びかけからスタートしました。
 練習内容は、昨日に引き続き、
 予行練習の反省を生かした課題の修正で、
 「閉会式」「マスクの着脱」「マスクを付けての応援や万歳」
 「競技時の入退場」「安全な競技の進め方(大玉おくり)」
  が中心となりました。
 反省を生かした、目的がはっきりした良い練習ができました。
 運動会本番では、コロナ対策を十分とりながらも、
 協力し合い、励まし合い、考えて動ける運動会となるよう
 最後の準備を進めてまいります。


  


9月15日(水)「予行練習の反省を受けて」

 今日の3時間目は、
 昨日の予行練習の反省を受けての運動会練習でした。
 
 反省であがった事は大きく2つ。

 1つめは競技間のテキパキとした移動・集合についてです。
 この点について、松本教諭からの簡潔な指導のあと、
 実際に移動の練習を行いました。
 素直な子どもたちですから、
 指導の意味を受け止め、小走りでの移動ができていました。 
 心がけ一つで、ダラダラとした印象がなくなりました。
 運動会当日も、テキパキとした動きを期待しています。


 2つめは競技中の応援や万歳についてです。
 これはコロナ対策により、
 「マスクを外しているときは大きな声は出さない」という
 ルールから、子どもたちが互いを応援したり、
 勝利の歓びを表すことが難しい状況になっていました。
 そこで、思いっきり声が出せるよう、
 子どもたちが大きな声を出す場面に応じて、
 細かにマスクの着脱を行うこととしました。
 子どもたちにとっては、少し面倒な作業ですが、
 仲間を応援したり、たたえ合うことはとても貴重な体験です。
 当日は、着脱のタイミングを放送で知らせ、
 スムーズなマスクの着脱を図りたいと思います。



9月14日(火)「運動会予行練習」

 今日はあいにくの雨模様でしたが、
 予定通り、体育館で運動会の予行練習を行いました。

 松下体育主任から
 「静と動」「考えて動く」等の確認があったあと
 予行練習がスタート。
 開会式の「運動会の歌」や「エールの交換」では、
 前回劣勢だった赤組が巻き返して白組に肉薄。
 声の大きさでは若干白組優勢、
 体全体を使った動きでは赤組優勢と、
 甲乙付けがたい頑張りが見られました。
 これは本番が楽しみになってきました。
 各種競技でも、懸命にそして諦めない態度で
 競技に臨む大草っ子らしい姿が随所に見られました。
 競技開始場所への移動や主体的な動きなど、
 散見された課題については、
 残りの期間で重点的に練習をしていきます。

 当日は子どもたち一人一人が、
 『できた!頑張れた!』と
 「達成感」や「自信」をもてる運動会になるよう、 
 最後の練習と子どもたちへの意識付けを行っていきます。

 「てるてる坊主」のご協力を宜しくお願いします(*^o^*)









9月13日(月)「応援練習」

 今週は雨の日が続くようですね。
 運動会の練習は、室内での練習も混ぜながら、
 臨機応変に進めていきます。
 今日の中休みには、赤白に分かれて応援の練習がありました。
 赤組は、
 「応援のスタートが赤組なので、
  相手を見て気持ちを高められない不利なところはあるが、
  そのつもりで最初から声を出していこう!」
 という松本教諭からのアドバイスを受け、
 蜥c長の明るく大きな声に引っ張られながら、
 腰の落ちた力強い踊りと元気なかけ声を見せていました。
 別室で練習していた白組は、
 聞こえてくる赤組の大きな声を聞いた白石団長が、
 「赤組も大声張ってるよ。負けずにいこう!」
 という掛け声のもと、
 こちらも大きな声で頑張っていました。
 これはいい勝負ですね。
 明日の予行練習が楽しみです(*^o^*)


9月10日(金)「運動会全体練習」

 今日はとてもさわやかな秋晴れですね。
 運動会を1週間後に控え、学校は運動会一色です。
 
 今日は、1校時に開・閉会式の練習を、
 2校時に全校ダンスの練習を行いました。
 開閉会式の練習は、
 登壇する人の動きやそれに合わせる動きから、
 ラジオ体操やエールの交換まで、
 全体を通しながら、その都度指導を入れる形で進みました。
 しかし、場面によってはあえて指導をせず
 どう動くべきかを子どもたちに考えさせる時間を取るなど
 『自分で考えて動くこと』を意識した練習でした。
 
 エールの交換では、赤組白組が互いを向き合い
 エールを送り合いました。
 今回のエールの交換は、まとまりも声の大きさも白組優勢!
 赤組の巻き返しが楽しみです(*^o^*)頑張れ、赤組!!

 
 全校ダンスは『紅蓮の炎』にのせたダンスです。
 低・中学年は可愛く溌剌としたダンスを、
 高学年の子どもたちも照れることなく躍動感のあるダンスを
 見せていました。全校ダンスも、お楽しみに(*^o^*)
 
 
9月9日(木)その2「1年生、太鼓に挑戦」

 
これを書いているのは中休みですが、
 応援歌を歌う子どもたちの大変元気な声が
 校長室まで響いてきています。
 元気な子どもたちの声は、いつ聞いても嬉しいものです。
 さて、毎年運動会の最後にご披露している「大草太鼓」に、
 今年は1年生も参加します。
 1年生は、大草太鼓が始まる際のオープニングを担当します。
 一生懸命に、そして楽しく、練習に励んでいる1年生…。
 きっと、当日も、元気いっぱいの素晴らしい演奏を、
 披露してくれるでしょう。
 当日をお楽しみに…。



【NEW】9月9日(木)その1「運動会練習進んでいます」

 昨日はあいにくの雨模様でしたが、運動会に向けて
 体育館で『多良見音頭』の練習をしました。
 例年、この『多良見音頭』は、
 西園にお住まいの菅原せい子様にご指導いただいています。
 菅原様いつも本当に有り難うございます。
 今年は、残念ながらこのコロナ禍により、
 自分たちだけで練習することとなりました。
 まずは、昨年の練習の様子を映像で確認しました。
 次は、上級生がお手本を1・3年生に示し、
 最後は、みんなで楽しく踊る流れです。
 子どもたちはすぐに思いだしていました。
 1年生も、上級生のお手本を見ながら楽しく踊っていました。
 運動会当日は、保護者の皆様も一緒に楽しく踊りましょう。
 今年、地域の皆様の参加は叶いませんが、
 運動会当日『多良見音頭』の曲が聞こえてきましたら、
 ご家庭で一緒に踊っていただければ幸いです。




9月8日(水)「非常食」

 昨日の給食に『救給カレー』なるものが出ました。
 これは災害時用の非常食で、常温で3年は保存できます。
 中身は、カレーとご飯が一緒に混ざったもので、
 食物アレルギーを持つ人も安心して食べられるよう、
 材料も工夫されていました。
 子どもたちに食べた感想を聞くと、
 「普通のレトルトカレーみたいな味で美味しかった」
 「災害時にこんなものが食べられたら嬉しい」
 「ご飯が少し固くて食べにくかった」など様々でしたが、
 『美味しい』『有り難い』と感じた子が多かったようです。
 このような非常食がある事は知っていましたが、
 こうして実際に食べることで理解が深まり、
 「災害時の備え」への意識が高まると感じました。
 ご家庭でも話題にされてみてはいかがでしょう。
 

9月7日(火)「夏休み作品展開催」

 6日(月)〜10日(金)まで、「夏休み作品展」を開催しています。
 例年は授業参観・学級分会にあわせて3日間の開催でしたが、
 今年は、このコロナ禍ですので、できるだけ密を避けるため、
 期間を延ばしての開催です。
 書工作自由研究等個性が感じられる作品が
 数多く出品されています。
 8:00〜16:30のどの時間帯でも大丈夫です。
 子どもたちの力作を見に、ぜひお越しください。




9月6日(月)「運動会の練習を行いました(2)」

 本日3校時に運動会の練習を行いました。
 大変良い天気に恵まれましたので、
 運動場で、かけっこ・玉入れ・リレー等の練習をしました。
 今日の指導ポイントは、
 『移動は30秒以内』
 『今、私は何をすべきか考える』
 『分からないことは、そのままにせずきちんと確認』
 の3点でした。
 運動会に向けての練習ですが、
 他の行動にもつなげていけそうです。
 
 



9月3日(金)「運動会練習を行いました」

 本日3校時、運動会の練習を行いました。
 本時のめあては『静』と『動』。
 ピシッと止まるところと、元気よく動くところを意識しました。
 新型コロナウイルス感染拡大状況により
 今後も予断を許しませんが、
 3密には十分配慮しながら、
 準備をしっかりと進めていきます。



9月2日(木)「案山子を設置しました」

 本日4校時、5・6年生が学校田に案山子を設置しました。
 この田んぼでは、『大草塾』の方々のご協力で、
 子どもたちが「うるち米」と「餅米」を育てています。
 このまま順調に育って、たくさんのお米が収穫できますように・・・。


9月2日(木)「体位・視力測定を行いました」

 今日と明日は体位・視力測定です。
 測定した後は、渋谷養護教諭から、
 『睡眠と心臓(筋肉)の関係』についての話がありました。
 子どもたちは、運動会の練習をしっかりと行うため、
 「十分な睡眠を取り、心臓を休ませなければ…。」
 という気持ちをもっていました。


9月1日(水)「延期していた『平和集会』を行いました」

 本日、新型コロナウイルス感染拡大及び台風接近のため
 8月9日に実施できなかった「平和集会」を行いました。
 集会では林田学校図書館支援員による絵本「さくら」の読み語りや、
 各学年の発表(平和学習で学んだことの感想など)、
 歌『U&I』の全校合唱などを通して、
 平和の尊さ、戦争の愚かさ、それらを伝えていくことの大切さ等を、
 改めて実感した1時間でした。


9月1日(水) 「2学期の始業式を行いました」

 本日、2学期の始業式を行いました。
 新型コロナウイルスの感染拡大により、
 心配された2学期のスタートでしたが、
 全校児童25人全員で、2学期の始業式が迎えられました。
 これも、保護者・地域の皆様が、感染防止対策等にご留意いただき、
 子どもたちの安全を守ってくださったおかげです。
 ありがとうございます。
 2学期は、運動会、修学旅行、大草発表会など、
 体験的な行事が目白押しです。
 保護者・地域の皆様には、
 何かとお世話になることが多いと思います。
 2学期も、どうぞ宜しくお願いいたします。