本文へスキップ

教育内容program


生活科でペンギン水族館へ!……2年生!
 公用バスを使って、2年生が生活科遠足で長崎のペンギン水族館まで出かけました。お弁当も持ってです。この生活科遠足は、「動物とのふれあい」が学習テーマです。
 昨年度は、干拓の里でポニーなどとふれ合う活動を行いました。今年は、ペンギン水族館で水の生き物を対象にしました。帰校後、「楽しかったぁ~!」という2年生の声が聞こえました。楽しくて、貴重な体験学習ができたようです。(お弁当も嬉しかったみたいです。)



「ことわざ㉛(サーティワン)チャレンジ」!
 「ことわざ㉛(サーティワン)チャレンジ」と題した校長検定を、校長室前タッチコーナーで実施中です。ことわざカードは1集31枚セットです。今年度31枚を順に掲示してきたので、一度に全部貼って、全部言えるかチャレンジしてもらいたいという企画です。
 たくさん貼ってあると、これまでと違う刺激でよくめくって見ています。もうすでに合格した児童が7名います。全部言えた児童には、「ことわざ校長賞➀」を贈っています。ことわざカードは3集まであるので、校長賞も③まで行うつもりです。



教育週間、始まる!……和顔愛語の再確認!
 今週は「小野っ子の心を見つめる教育週間」です。全校集会では、「今の自分より優しい自分になる一週間」にしようと投げかけました。そして、人とに関わり方の基礎・基本として、「和顔愛語」の大切さを再確認しました。
 お話では、「ふわふわ言葉(愛語)」も、話し手の表情次第、話し方次第では愛が感じられないということも、動物写真を使って説明しました。家庭でも、地域でも「優しい顔で、ふわふわ言葉(和顔愛語)」の一週間にしましょう。



田植え、頑張りました!……5年生!
 塩水選、種もみ撒き、苗づくり…。そして今日は、田植えでした。指導役の中心となってくださる農協青年部の酒井さんをはじめ、JA県央小野支店の野口支店長さん、学校評議員の中島さん、5年生の保護者の皆さん……。たくさんの方の指導・協力・応援の中、5年生が田植えを頑張りました。最初は恐る恐る丁寧に、慣れてくると思い切りよく、スピーディに植えていました。手足も顔も汚れてくると、更に思い切りがよくなりました。最後は、水路の中で汚れ落とし(水浴び?)。これも楽しそうでした。



教頭先生の授業!……5年生 理科!
 「多忙だ」と言われる昨今の学校現場ですが、学校で一番多忙なのは間違いなく教頭です。「誰の仕事かわからないこと、外部との連絡や折衝はすべて教頭へ。」そのうえ、「職員室の担任」と呼ばれるのが教頭先生です。学校職員のことをよく分かり、悩み事でも授業のことでも話を聴いてくれるのも教頭先生。本当に頭が下がります。おまけに授業もします。理科室では5年生40人を相手に、顕微鏡の使い方を指導していました。「子どものことが大好き」が伝わってくる授業風景でした。



栽培活動も順調に!……低学年生活科!
 1年生のアサガオ・サツマイモ、2年生の夏野菜(ミニトマト・ラディッシュ・きゅうり・なす・とうもろこし…)など、生活科の学習で栽培している作物が少しずつ育っています。一人一鉢栽培しているアサガオやミニトマトは、お世話をしないと「自分の…」が育たないので、毎朝の水やりも頑張っています。
 夏休みに入るとお世話できないようになってしまうので、1学期いっぱいが栽培活動の山場です。植物を育てることの楽しさや収穫の喜びを味わわせたいですね。



絶好のプール日和の下で水しぶき!
 梅雨の谷間なのか良い天気で、暑さも厳しくなってきており、絶好のプール日和です。どの学年も水慣れ・水遊び・水泳の授業に、楽しく、真剣に頑張っています。
 学校だよりにも書きましたが、プール授業の一番の目的は「水の事故から命を守る力を付けること」です。そして、学校ではこの時期しか指導できず、限られた授業時間で効果を上げるのはなかなか難しいです。夏休みに向けて、お風呂でもシャワーでも、プールでも海でも川でもよいので、水への恐怖心を軽減する体験を親子でしてもらいたいと願っています。



NEWサッカーゴール登場!…サッカー部!
 2m×5mのサッカーゴールは、少年サッカーの規格です。学校備品だったこのゴールが、今年度になって壊れました。老朽化していたので仕方がないのですが、誰もけがをしなくてよかったです。その後、片方しかない状況でサッカー部も困っていました。
 この度、サッカー部の保護者会の皆さんが頑張って費用を集められ、新品のゴールを一対設置されました。(すごいと思います。)所管はサッカー部で、学校運動場にお預かりしているということになります。大切に使っていきたいものです。



ことわざカード!……今年も頑張ろう!
 今年も「校長室前タッチコーナー」は開設中。ここは利用頻度の低い教材や、廃棄処理寸前だが面白そうな備品などを、校長権限で子どもたちに自由に触らせているコーナーです。今年も、運動会用ピストルの古い物を触るだけ触らせてから処分しました。
 継続的に取り組んでいるのが「ことわざカード」。去年から興味のある子は、たくさんのことわざを覚えています。意味は分からなくても、耳に残っていることが先々の力に必ずなります。今日も低学年が、「三人寄れば文殊の知恵!」と唱えていました。嬉しくなりますね。



サツマイモの苗差し!……1・6年生!
 先日、学校の畑にサツマイモのつるを植えました。「いも苗差し」です。去年は収穫が少なかったという反省をもとに、今年は土壌改良などに努めています。1年生だけでは難しいので、ペアの6年生が手伝いに来てくれました。こんなところでも6年生は活躍しているのですね。(さすが最上級生!)
 順調に育って、秋に大きなサツマイモを抱えて「とったぞ~!」と喜ぶ1年生の姿を楽しみしておきたいと思います。



初めての野外調理・集団宿泊!……4年生!
 今日、明日の2日間、4年生が白木峰の自然の家まで宿泊学習に出かけています。集団での活動、野外調理、宿泊・・・。新鮮な喜びや驚きがたくさんあることでしょう。「自分で考える」「全体のことを考える」「進んで行動する」「仲間と支え合う」など、たくさんのことを経験の中で学んできてほしいですね。今日の夕食は、野外調理で焼きそば作りのようです。美味しくできているでしょうか。



一人一人と向き合う個人面談!(全学年)
 そうじ時間の取り扱いを工夫し、担任以外の職員がそうじ指導を頑張って、どの学年も全ての児童と個人面談を行っています。一人につき6・7分程度の短時間ではありますが、友達もいない場所で担任教師と1対1で話ができる貴重な時間です。
 できるだけ児童の心に寄り添って、発する言葉を共感的に傾聴します。心配な言葉や情報については、配慮しながら丁寧に聞き取り、必要があれば事実関係を確認します。児童理解を深め、学級が一人一人にとって居場所のあるものになるように頑張ります。



長さの測り方、ものさしの使い方…2年生!
 2年生が、ものさしや定規を使った「長さ」の学習をしています。ものの長さを測ったり、指定された長さの直線を引いたりしています。「長さ」のメートル法の単位にはmm、cm、m、kmなどがありますが、これは後に続く「面積」や「体積」の理解を支えるものです。面積には「平方メートル」、体積には「立方メートル」などがありますものね。
 「定規で線を引く」「長さを正確に測る」・・・簡単そうですが、意外に苦手な子が多いのです。生活に密着する技能ですから、必ず身に付けさせたいですね。
 


物の数え方もいろいろ!…1年生算数!
 1年生の算数でたし算の学習をしています。参観していると、問題の中で物の数え方について理解を深める場面もありました。物を数えるときに、物の後ろに付ける「個」「本」「匹」などのことを「助数詞(じょすうし)」と言います。助数詞は、前の数字によって変化することがあります。たとえば鉛筆を10本数える場面だと、順に「ぽん・ほん・ぼん・ほん・ほん・ぽん・ほん・ぽん(ほん)・ほん・ぽん」と変化しますね。「匹」も同じように変化します。1年生の算数も、なかなか奥が深いと感心しました。



一人一台のタブレット端末!
 国のGIGAスクール構想により、急ぎ足で配備された一人一台のタブレット端末。周辺環境の整備などはあと少しというところですが、小野小にも約300台のタブレットがあります。無線のWi-Fiも整備されたので、どの教室からもインターネットに接続することができます。Web上で調べ物をする上では、大変便利になりました。
 ネットだけでなく、写真や動画を撮ったり、お絵かきをしたりすることもできます。今後、各教室に大型モニターも配備される予定です。できるだけ活用したいと思います。



頑張っています!……新米教師!
 県内の教育界の状況として、小野小学校の規模は、毎年、新規採用職員が配置されます。どんな仕事も初めからうまくできるわけがありません。しかし、学校で数十名の子どもたちを担任として指導するからには、甘えは許されません。拠点校指導教官と、校内指導員から、毎日、みっちりと鍛えられています。今日は、道徳科の授業で研修をしました。授業を通して、学級の経営状況や子どもたちの集中の様子を見守りました。まだまだではありますが、発展途上の勢いが感じられる授業でした。



籾まき……5年生の米作り体験学習!
 先週、「塩水選」といって種もみを塩水につけ、種もみの選別のために作業をしていました。今日は、それを苗箱にまく「籾まき」を学習しました。消毒されたきれいな土を苗箱に平らに入れ、種もみを均等にまいて栽培用の用土を上からかけました。
 小野地区の米作りは、大型化、機械化が進んだ先進地区ですが、米作りの手順と理屈を丁寧に学ぶことで、郷土についての理解も更に深まると思います。まだまだ続く米作り体験学習。次は「田植え」でしょうか? 頑張れ5年生!



感謝!!……図書ボランティアの読み語り!
 いくらデジタル情報の時代になっても、「本に親しむこと」「読書習慣を身に付けること」の価値は落ちることがありません。読書の効用は多方面にわたり、知識や語彙に関わることだけでなく、感性を刺激し、人の思いに共感できる豊かな人間性を育んでくれます。そんな読書へのハードルを下げてくださるのが、図書ボランティア「ぼちぼちいこか」の皆さんの読み語りです。金曜朝の「きささげタイム」で、いろいろな絵本を読んでくださいます。メンバー募集は継続中とのことですので、ぜひご検討ください。



もしもに備えて……臨時集団下校の訓練!
 昨年実際にあったのですが、大雨で急な下校対応の指示が教育委員会から発せられる、ということを想定した臨時集団下校の訓練を行いました。昨年の反省に基づいて、この訓練は必ずやるべきであると考え、年度当初に育友会のご理解をいただき、下校方法の事前集約にも協力をしてもらいました。ありがとうございました。
 今日の反省をもとに更に改善をして、有事に備えたいと思います。有事の際は、今回5日間かけた事前集約を、3時間で行う必要があります。保護者の皆様には、学校メールと学校ホームページでの情報収集に敏感になっていただければと考えています。



たくさん咲くといいな!…1年生アサガオ!
 保護者の皆さんも覚えているでしょうか? 1年生のアサガオ栽培。昔から1年生の学習の定番です。今年も種をまき、芽が出て、ふたば・本葉が出てきました。1年生が自分の鉢を持って来て、アサガオの様子を観察して、スケッチしています。これから、毎朝の水やりを頑張ることでしょう。アサガオの学習は、夏休みには鉢を持ち帰り、種がつくまでお世話をします。親子の協力も必要ですので、よろしくお願いします。きれいなアサガオの花がたくさん咲くといいですね。



プールの水は地域の力をいただいて…!
 大プールを満水にするには、400t以上の水量が必要です。それだけの水を市の上水道から入れると、水道代はものすごい金額になりますね。実は、小野小学校のプールは、地域のボーリング組合の水を入れてもらっています。今日、自治会長をはじめ、世話役の方が、水をプールに回してくださいました。ありがたい次第ですね。
 入れてもらった地下水に滅菌用の薬剤を投入し、機械でろ過していくと、プール用水として十分な水質になります。水泳学習も地域の力に支えられていますね。



姿勢と目で合図!…成長の見える2年生!
 2年の教室をのぞいてみると、よい姿勢の子が目立ちます。背筋が伸びて、しっかり前を向いている子が多いのです。「落ち着いてきたな~」と、1年生の頃からの成長を実感して参観していると、「終わった人は、姿勢と目で合図してください。」という先生の指示が繰り返されています。・・・・「これか~」と納得。子どもたちは、問題の解決に取り組み、「終わりました」と発声する代わりに、背筋を伸ばしてきちんと座り、先生に視線を向けています。ここから〇付け点検や、発表指名につながるわけですね。



頑張ったプール掃除!……高学年
 運動会が終わったばかりですが、スポーツテスト、学力テスト、プール掃除と、忙しい学校生活が続きます。特に高学年は、プール掃除などの作業でも中心で頑張らなければなりません。10か月手つかずのプールを掃除するのは、とても大変です。
 5年生が小プール掃除や、大プールの壁面こすりを頑張り、6年生が仕上げをしました。プールの授業が近づいています。どの学年も水着の準備や点検を考えていきましょう。



5年1組担任の後任着任!
 5年1組では、安居院先生が昨日で本校勤務を終えられ、本日から後任の先生が着任されました。後任を務めてくださるのは、吉田正勝(よしだまさかつ)先生です。ベテランで経験豊富ですので、頑張ってくださると思います。
 1校時は自己紹介を含めて、顔合わせの時間となりました。(2・3校時は県の学力テストでした。)バタバタの1日でしたが、5年1組の子どもたちの笑顔が見られてうれしかったし、少し安心しました。










information

諫早市立小野小学校

〒854-0035
長崎県諫早市宗方町365番地
TEL.0957-22-0497
FAX.0957-22-0546

 
   学校だより   

 ・07号 0621 ・08号 0628
 ・05号 0526 ・06号 0604
 ・03号 0426 ・04号 0507
 ・01号 0408 ・02号 0415