イノシシの目撃情報について(10/6)

地域の方から、宮崎病院から青葉台へ抜ける細い道でイノシシが出没しているとの情報をいただきました。
本来は通学路ではありませんが、複数の児童がその道を利用しているようです。
イノシシの件もありますが、登下校の安全の面からも、通学路以外は通らないことを再指導しました。


台風14号の接近に伴う臨時休業について
 
9月17日(金)は市内一斉臨時休業になりました。 
安全に気をつけ、各ご家庭で対応をお願いします。
なお、金曜日に持ち帰る金曜バッグについては、下記のように扱います。

 ・体操服:21日(火)に持ち帰る。体育の時間は体操服以外の服装でも可。

 ・給食着:来週は、今週の当番が引き続き担当する。(給食は3回)

急な変更で申し訳ありませんが、自然災害対応のためご容赦ください。

短縮日課のお知らせ(9/17更新)

新型コロナウイルス感染対策として、短縮日課を実施してきました。
ご協力ありがとうございました。
次週は金曜日のみを短縮日課とします。
24日(金)の下校時刻 1,2年…14:20  3~6年…15:05

新学期始めの新型コロナウイルス感染症に係る対応について
 長崎県内はもちろん、日本全国で新型コロナウイルス感染症の拡大が止まりません。
 つきましては、新学期始めの対応について連絡しますので、よろしくお願いします。
 また、9月の行事予定を更新しています。下校時刻に変更があっていますのでご注意ください。

新学期始めの対応について


9月行事予定へのリンク

ミカンコミバエ種群に係る調査及び誘殺について

 長崎市内において重要病害虫であるミカンコミバエ種群の誘殺が確認されたことから、本市の一部地域において、ミカンコミバエ種群に対するトラップ及び誘殺板による予防的防除が行われることとなりました。
 つきましては、山の中なので、おそらく子どもたちが入ることはないと思いますが、トラップ及び誘殺板に触れると、かぶれることもあるそうなので決して触れたりしない様、注意してください。(誘殺板設置場所:多良見町全地域、飯森町全地域、平山町、土師野尾町、久山町、久山台ニュータウン、貝津町、若葉町、青葉町、貝津ケ丘) ※詳細については、諫早市役所 農業振興課(22-9143)にお問い合わせください。

大雨・地震等における災害や不審者情報に伴う対応について
 学校と保護者の皆様とで情報共有しておくべき点についてまとめています。
 「万が一」に対する備えの意識を日ごろから持っておきたいと思います。

令和3年度長崎県「ココロねっこ運動強調月間」の実施について
 最重点課題…ペアレンタルコントロール等によるインターネット利用に係る子供の犯罪被害などの防止、となっています。

 SNSやインターネットによるトラブルは小学校でもおきています。ネット内いじめや不適切サイトの閲覧、ネット・SNS依存などです。
SNSを通じて不審者と接触してしまい、脅迫や誘拐といった事件に発展するということもありうるので、十分な注意が必要です。
本市でも、犯罪に巻き込まれそうになった事例があります。決して対岸の火事ではありません。

 また、「遅い時間までネットゲームをしていて、朝起きられない。」など生活習慣が乱れることにより、学校を欠席するという事例もあります。
ゲームなどは一時的に熱中していて自然と熱が冷めていくこともありますが、依存症の場合は、何度も約束や管理を試みても繰り返し同じ行動、同じ結果になっていきます。このような状態になってしまうと、依存の軽度・重度に関わらず、家庭内でのコミュニケーションは一方通行になっていきます。周囲のご家族は「やめてほしい、学校に行ってほしい。」という要求、一方で子どもは、「かまわないでほしい。」といった要求が多くなります。つまり、お互いが要求や希望を言い合い続け、思い通りにならず、不信感や恨み、おそれや絶望の感情が家庭内に蓄積し、蔓延した状態になります。

 こうならないためにも、家庭できちんとしたルール作りをする必要があります。下記リンクを参照に、ぜひルールを作ってください。

 長崎っ子のためのメディア環境づくり へのリンク

教育週間のお礼

6月15日(火)から21日(月)まで「真津山っ子の心を見つめる教育週間」でした。
多くの方に参観していただき、子どもたちもいつも以上に張り切って頑張っていました。
お忙しい中、本当にありがとうございました。

下校時巡回指導のお礼

6月11日の下校時巡回指導は、天候不良のため各学年ごとに地区別集団下校を行いました。
健全育成会、婦人会をはじめ地域・保護者の皆様、雨の中ありがとうございました。
今後とも登下校時の安心・安全に対しご協力をお願いします。


長崎県PTA連合会長からのメッセージ へのリンク
新型コロナウイルス感染症についての風評被害をなくしましょう。
~正しく理解し、正しく恐れましょう~