本校の発展に,特に尽力を尽くして下さったお二人

西岡丈吉・西岡良七両翁記念碑

西岡

・明治18年(1885年),貝津小学校の子どもたちのために,校舎や机やいすなどの品物を整えて下さいと,500円(当時のお金)を寄付して下さいました。そのお金は,貝津村の貧しい農家に生まれた丈吉さんが,幼い頃から苦労しながら働いて貯めたお金でした。その後,久山小学校にも200円(当時のお金)を寄付して下さいました。

西岡

・昭和46年(1971年),真津山小学校の子どもたちが安全に体育の授業ができるようにと,体育館とプールを造るために,蓄えられた貴重なお金の中から1200万円(当時のお金で)寄付して下さいました。その頃は,学校に体育館はなく,またプールもありませんでした。汚れた川で泳ぐしかできなかったそうです。この寄付のおかげで,真津山小学校は市内で最初にプールを造ることができました。現在は新しく建て替えられているので,写真でしか見ることができません。